FC2ブログ

【報告】神戸大発達科学部の授業~乙仲通でのフィールドワーク

Category : 乙仲美術館プロジェクト
ミーティングレポートでもお知らせしていますが、神戸大学発達科学部の田村先生の授業として行われた乙仲通のフィールドワークに、KASのメンバーも一緒に参加してきました。
授業内容は、音をテーマにした乙仲通で考えられるアートプロジェクト(コミュニティーアートの展開)です。

授業の参加学生さんたちは2~3回生の皆さま30名程度。後期の授業として10月から開始しています。
今回は初めて現場に来てみる日。乙仲通を歩いて、見つけて、メモして、ここで何ができるか考えましょう。という授業です。まさにKASの活動としてぴったりですね。

P1040657.jpg
まず元町駅に集合して、KASについて説明をさせていただきました。神戸大発達科学部の皆さま、ぜひぜひARTサポーターズにご登録をー。

P1040661.jpg P1040664.jpg
そぞろ歩きで栄町ビルディングの前でKASと合流。人数が多いので、近くのコンビニの駐車場へ移動。

P1040670.jpg P1040666.jpg
自己紹介をしまして、とりあえず解散。個々にカメラなどを手に乙仲通へ出発していきました。

P1040679.jpg

【わたなべ】
今回は、一緒に話しあったり、考えたりするわけでなく、個々が乙仲通でネタ集めを行いました。今後、どのような展開になっていくでしょうか。楽しみですね。平日の昼間になりますが、毎週火曜日15:10~16:40に神戸大学発達科学部にて授業あります。KASも参加できるそうです。

せっかく集まったので、KASのメンバーで今一度乙仲通を散策。と思ったら、栄町ビルディング4階の古道具屋さん「MARUNI」が開いていたので、行ってみることにしました。(週4日のオープンで、私が行くときは運悪くいつも閉まっていたのです…)

P1040689.jpg P1040695.jpg
ドアを開けると、日差しがたっぷりと入った広い空間の中に、店主の方のセンスで選ばれた道具たちがならんでいました。今後のKASの乙種アート仲立プロジェクトのこともありますし、店主の方へご挨拶を。
すると、店主の橋本さんがいろいろとここのお店を開店するにあたってのいきさつや、念願かなって好きな古道具屋さんを3月にお呼びして展覧会をすること、などなど、をたくさんお話ししてくださいました。
これは再び、KASで取材を敢行したいところです!だってお話しがとっても面白くて、橋本さんの古道具にかける想いが伝わってきましたもの。

ということで、この場で宣伝ですが、、
MARUNIの橋本さんが超オススメ、このお店を始めるきっかけとなった、目白の古道具坂田さん、そのご主人が持つ千葉の美術館「as it is」の古道具が2009年3月にMARUNIにやってきますよ。

2009年3月17日(火)~3月28日(土)11:00-18:00
「as it is展 坂田和實」
MARUNI 神戸市中央区栄町通3-1-7栄町ビルディング401

P1040691.jpg
長々と滞在てしまいして、辺りはすっかり暗くなってしまいました。
店をでて、栄町ビルディング4階の奥へ行くと、そこに小さな屋上を発見。側に高いビルなどが隣接していないので、風が気持ちよく吹き抜けていました。

P1040697.jpg deem
P1040699.jpg TANTO TENPO
その後、常に現代美術の作品展示をしている美容室「deem」さんや、謙昌ビル3階にある今年5月にオープンしたばかりの写真専門ギャラリー&カフェ「TANTO TENPO」さんへも行きましたよ。

17:30で乙仲フィールドワークは終了。一緒に行動していたメンバーも楽しそうでした。ちょっとずつですが、この街について知れてきたかも?
今後の活動に生かしていきたいと思いました。

おまけ。
P1040682.jpg
先日の世間遺産のときに工事していた場所が、舗装されてアスファルトの更地のようになっていました。
その更地の端から山側の方角を見ると、近代建築史に載りそうな建物、KISCO株式会社の建物が遠めからよく観察できました。

Comment

as it is

「古道具坂田」は目白ですよ。
何回か行ったことがありますが、すごくいいですよー。
いわゆる「骨董」ではなく、
日常生活で使われてきた古い道具の中に美しさを見出す。
坂田さんのお店には「どこにでもありそう」だけど、
「どこにもない」ものたちが並んでいます。
坂田さんにも何度かお会いしたことがあります。
以前芸術新潮に古道具に関する記事を連載されていましたね。
先々月「as it is」に行ってきました。
「as it is」を設計された建築家の中村好文さんの展覧会があって、
ぼくは中村さんとは設計の仕事をよく一緒にさせていただいているので、
展覧会に誘っていただいて、中村さん設計の住宅も一緒に見てきました。
ちょっと行きにくい場所にありますが、「as it is」もおすすめです。

おおおー、目黒と目白、間違えてしまいました。
すいません。ご指摘ありがとうございます。
修正しました。
非公開コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
目次

神戸ARTサポーターズ事務局

Author:神戸ARTサポーターズ事務局
トップページへ

神戸ARTサポーターズの活動に参加するにはまず登録が必要です。1.の「神戸ARTサポーターズについて&事務局のご案内」をお読みください。
神戸ビエンナーレのボランティアスタッフへの参加を希望される方も、まず、神戸ARTサポーターズへの登録が必要です。詳しくは事務局へお問い合わせください。


1.神戸ARTサポーターズについて&事務局のご案内

2.神戸ビエンナーレ関連
  神戸ビエンナーレ会期中の運営ボランティアだけでなく、プレイベントなどの関連情報もお知らせしていきます。

3.ボランティア募集、アートイベント等の情報提供
  市内の様々な芸術文化活動のボランティア募集等の情報をKASのメンバーへ提供し、ボランティア活動等の参加支援を行っています。


(1)港のギャラリーマップ

(2)その他

最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
電力使用状況&電気予報
リンク
QRコード
QRコード