FC2ブログ

【報告】6月29日ワークショップでできあがった詩

Category : 乙仲美術館プロジェクト
参考:【乙仲美術館プロジェクト】

080629_03.jpg

ワークショップでできた詩を掲載させていただきます。乙仲通を歩いて聞こえた音について詩を書きました。
トップページはこちら

【乙仲美術館プロジェクト】

-------------

ぐるぐるらせん階段
そのさきには、すてきなカフェ
細い細い路地を抜けると、知る人ぞ知るバーが。
ぼぅ~ぼぅ~ぼぅ~
穴に吸われそう
ローズマリーが生えてくる
虫くい穴の葉っぱの先にはどんよりくもり空が
しとしと降る雨に 濡れていく街
細い細い雨の ながれる ままに ひたいに 汗まで にじんで
ぎぃー ばたんっ
たんたか
古ビルディングに入りこむ

-------------

乙仲の音採集


ぼぅ~ぼぅ~ぼぅ~ 港の船

ぴちゃ・ぼと・ぱた・ざーじゃー 雨の流れ

がしゃん・ごとん 新しいまち

ぶろぶろ
がたんがたん
ばんばん
きゅきゅ
ぎぃー ばたんっ 少し昔のものたち

-------------

乙仲の歴史が残る街並みと
カップルの声と雨がまじりあい
イヤシ場に変化する

-------------

古いビル 残された看板 車の音、人の声
歴史と今が混在する街

-------------

もう一つの世界 乙仲通り

乙仲通りは、仕事場であり、生きるための場所だ。
とはいえ、今日初めて地図をもらって知ったことだ。
平日はスーツ姿の人や制服姿の人が行き交う。
そこの音はカッカという靴音しかない。
というか、他の音は聞こえない、あるいは聞こうとしないと思う。
仕事の結果が出なければ、今、この場所で生きていけないからだ。
でも、ショップやカフェがあり、ここで生きようとしている人がいる。
自分の世界とは違うところで生きようとしている。
響き渡る話し声、鳥の声・・・・・・・。
そこに行きたいと思いつつ。
生きていくために行くことのできない世界、遥か遠い世界・・・・。
それでも明日また、生きるために
乙仲通(ここ)へ向かっていく。

-------------

ビルヂング ビルヂング
ビルの名前を読む人の声
グ~が目立つ現代で
ヂ~が目立つ乙仲通

-------------

変わる変わる乙仲が変わる
カンカンカン 工事の音 カンカンカン
変わる変わる乙仲が変わる

-------------

海岸ビルヂングの高い天井
ひとつの足音がふたつの足音に
いくつも重なり合って足音の歴史を天井に刻んでいく

-------------

高速ゴー
船ボー
自動車ブー
雨の足音ペチャ
乙仲の音の交通

-------------

梅雨 しとしと降る
雨の中を歩く 乙仲通り
過ぎし日 往き交う荷送り人の足あとを想う
いまの日 街角から薫るケーキ屋 売り子の呼び声
四人で歩く 楽しいな

-------------

かきとめて 先輩の雨 ノート(の音)とる

-------------

じめじめとした雨
お肌はずっとベタベタです
水の音だけ さらさらと
少し暗い道に入ると
空調の機械音
それと一緒においしそうなニオイが
古いビルに入ると、今度は洋服屋さんの布の香り
女の子の声があふれます
外へ出ると雨があがっていました
同時に人々が道へ道へと出てゆきます
すずめとツバメの親子も雨上がりを待っていたかのように
ピチピチと鳴き、空へ飛びたちました

-----------------
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
目次

神戸ARTサポーターズ事務局

Author:神戸ARTサポーターズ事務局
トップページへ

神戸ARTサポーターズの活動に参加するにはまず登録が必要です。1.の「神戸ARTサポーターズについて&事務局のご案内」をお読みください。
神戸ビエンナーレのボランティアスタッフへの参加を希望される方も、まず、神戸ARTサポーターズへの登録が必要です。詳しくは事務局へお問い合わせください。


1.神戸ARTサポーターズについて&事務局のご案内

2.神戸ビエンナーレ関連
  神戸ビエンナーレ会期中の運営ボランティアだけでなく、プレイベントなどの関連情報もお知らせしていきます。

3.ボランティア募集、アートイベント等の情報提供
  市内の様々な芸術文化活動のボランティア募集等の情報をKASのメンバーへ提供し、ボランティア活動等の参加支援を行っています。


(1)港のギャラリーマップ

(2)その他

最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
電力使用状況&電気予報
リンク
QRコード
QRコード